IMADO POTTERY 今戸焼 白井裕一郎さん

今戸3今戸

先日購入させて頂いた今年の干支の今戸焼人形☆

This cute pottery ornaments is named Imado-yaki.
It is famous for Manekineko which is well-known as a cat-shaped
ornament which invites customers.
As I wrote in my previous blog, we are using the same brand of the pottery to make Sembei.

When we bake Sembei, we press them with a tool which is made in this pottery.

But the number of the potters of Imado- yaki is now decreasing, so it is getting rare.

In fact, only one factory exist in Tokyo.

Shirai Yuichiro is the potter who  is trying to carry on Imado-yaki tradition to future generations in the factory with his wife.

I respect them and I’ll try to support my husband like his wife 🙂

淡平の今戸焼き煎餅を作る際に使用している「鏝(こて)」は今戸焼という、招き猫で有名な焼き物で出来ているのは何度か紹介させて頂いておりますが、
その繋がりで親しくさせて頂いている今戸焼職人の白井裕一郎さんの講義を聴くことが出来るイベントがあります(^^)
講義では淡平の鏝も紹介されます☆
今戸焼はかつて、歌川広重が『隅田川橋場の渡しかわら窯』という作品に「名所江戸百景」の一つとして描いた程栄えておりましたが、今では区内で残る今戸焼職人さんは白井裕一郎さんお一人になってしまいました。
そんな貴重な伝統工芸品である今戸焼を守り続けている覚悟と想いにはいつも頭が上がりません。
奥様と二人三脚で取り組んでいらっしゃって、尊敬している素敵なご夫婦でもあります(*^^*)
お時間のある方は是非お立ち寄りください☆
*手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 若女将*

FACTORY TOUR 工場見学

学

学2

We lectured how to make Senbei to the students coming from Gifu prefecture 🙂
Not only the students, but also their teacher took a factory tour and tried to make their own Senbeis !
I’m so glad that everyone seemed to enjoy the time there!!
I want more people to know about Senbei from various perspectives like this!!

今回は岐阜県中津川市立第二中学校の皆さんが工場見学に来てくださいました(^▽^)

いつも通り工場見学と焼き体験を行いましたが、今回は先生が引率でいらしていて、生徒さんと同じように見学と体験を楽しんでくださいました☆

子供達だけでなく先生にも楽しんで頂けた事が嬉しく、食べるだけでなく煎餅に違った視点から興味を持って頂いて、より多くの方に広げていけるように頑張りたいと思いました(^^)

*手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 若女将*

EDO QUIZ 5′ 江戸っ子クイズ5’

 

 

 

 

米

The answer is…

1650g a day!!!

It is definitely too much lol

But we can realize that rice has been quite important for Japanese life since the dawn of history.

So we are proud of using rice for our products and have to appreciate it!!

答えは。。。

一日五合!!!

すごい量です( ゚Д゚)

この事からも昔から日本人とお米は切っても切れない関係だったという事が伺えますね!

そんなお米を使ってお煎餅を作らせて頂いている事に誇りをもって、日々お米に感謝しなくてはいけないなと思いますm(__)m

手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 若女将*

EDO QUIZ 5 江戸っ子クイズ5

米

Beautiful women are preparing breakfast in a kitchen in this picture .

They look busy…

It is said that the common people in Edo period ate rice much more than now.

Because they were proud of eating rice to show their prosperity.

Here is the question for today.

What amount of rice did they eat?

こちらは喜多川歌麿の「台所美人揃」という作品で、作品名の通り、美女が食事の支度をしている様子が描かれています(^^)

江戸時代、おかずは少なかったものの、白米を沢山食べられる事が江戸っ子のステイタスの一つだったようです。

ここでクイズ!

江戸時代の成人男性は一日何合のお米を食べていたのでしょうか?

江戸時代の料理についてもっと詳しく知りたい方は若旦那のブログへどうぞ☆

⇓⇓⇓

https://ameblo.jp/awahei-maya/entry-12377714807.html