HALLOWEEN ハロウィン

地元の英語教室の可愛いおばけさん達が遊びに来てくれました♪
煎餅をお渡しすると「ありがとう」と元気に英語で応えてくれます♫
毎年恒例のほんの少し早い青戸のハロウィンでした(^o^)

These cute monsters are the students who study at neighbor English school :₎
They said ‘Tricks or treat!!’ cheerily to get Senbeis and then, they also said ‘Thank you’ politely in English 🙂
We enjoyed early Halloween ♪

*手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 小おかみ*

NEW FLAVOR 新作しらす煎餅

Finally, new Senbei is on sale !!
My husband had been trying very hard to make it !
He mixes a lot of whitebait into Senbei dough.
The flavor spreads right through your mouth to nose when you bite it 🙂
Please try one ☆
1 piece for 195yen
六代目の新作がついに出来上がりました(^▽^)
『広島産しらす煎餅』です!
広島産のしらすを炒って贅沢に生地に練り込んだ、香り豊かな煎餅です(*^^*)
一口かじるだけでしらすの風味が口全体に広がります☆
六代目渾身の一品です、是非ご堪能くださいませ(^^)
一枚 税込195円
本日より発売開始です❗️
*手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 小おかみ*

 

JPANESE SWEETS 煎餅の兄弟

This is one of the Japanese sweets, ‘Buto’ , which is used for offering at Kasuga shrine .
You can get one at Japanese sweet shop named ‘ Kameya kiyonaga’ in Kyoto.
It was introduced into Japan from China 1200years ago with Senbei.
So, Buto and Senbei are kind of brothers 🙂
こちらの手前のお菓子は『餢飳(ぶと)』という唐菓子で、唐から約1200年前に煎餅と一緒に日本に渡ってきたと書物に記録が残っています。
古来より春日大社では神様にお供えする御神饌としてお供えされていますが、
一般の方でも京都の亀屋清永さんで購入することが出来ます(^^)
1200年前に一緒に中国から渡ってきた煎餅の兄弟の様な存在で、現代共に残っていると思うと感慨深いです!
*手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 小おかみ*

 

COOKING WITH SENBEI 煎餅衣揚げ

I made fried food using Senbei which is broken into small pieces instead of bread crumb 🙂
I dipped ingredients into egg and flour mixture and covered them with Senbei.
It tastes great and is easy to make it crunchy !!

Please try it 😉
煎餅の新しい食べ方の一つとして煎餅衣揚げを作ってみました(*^^*)
煎餅を粉々にして卵と小麦粉を溶いたものに具材をくぐらせてからパン粉代わりに煎餅を衣にしました☆
衣が付きにくいので卵と小麦粉は溶いてとろみのある状態にしておくとやりやすいです。
衣に味があるのでそのままでもとっても美味しく召し上がれます(^^)
揚げ物をあまりしない私でもサクッとカリッと揚げられたのでおススメです♪
*手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 小おかみ*

WASABURO 和三郎

This hanging scroll says that the man named ‘Wasaburo’ got a recipe of Senbei from a monk named ‘Kukai’, and he made it popular about 1200 years ago .
Surprisingly, he also created ‘Anko’ , sweet beans, which is necessary for Japanese sweets !!
That means we couldn’t eat Senbei and Japanese sweets today without him !!
前回の投稿で煎餅発祥の地についてあげましたが、それを証明する掛け軸を実は六代目が以前見つけて手に入れていたのでご紹介致します(^^)
亀の上に乗って左手に菓子壺をお持ちになっているこちらの方が和三郎さんです。
なんと、煎餅だけでなく小倉餡も開発して広められたそうです!!
和三郎さんのお陰で今日の和菓子があると思うと頭があがりませんm(__)m
詳しくは六代目のブログへどうぞ☆
⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.awahei.co.jp/senbeiblog/origin_of_senbei_part2/#more-422