伝統文化を守る


インスタグラムに突然メッセージが届いた。送り主は相互フォローしあっている岐阜県にある「人形の石川」のご主人からだった。

そのメッセージの内容は以下のようなものだ。

この情熱に一瞬で惚れてしまった。少しばかりではあるが、応援の気持ちとして彼が主導している「起縁プロジェクト」の動画をこのブログでも紹介したいと思う。

 

起縁(ぎえん)プロジェクトとは

子どもの幸せと健やかな成長を願うために飾られる節句人形。

起縁プロジェクトはこの伝統的なお人形を節句時だけではなく、受験や発表会などの成功祈願や健康祈願など、日々の暮らしの中でも「願掛け」「縁起物」「必勝祈願」「合格祈願」として飾ってもらうことを推進する活動です。

この活動を通してお子さまが自身のお人形に対する愛情や家族に対する感謝の心を育んでもらうとともに、各ご家庭の心温まる物語や場面を創出する機会を増やしていただくことで、節句人形と文化を未来に伝えていくことを目的としています。

以上、「人形の石川」サイトより

 

今のご時世、日本の伝統文化を守るというのは本当に難しくなってきている。それは煎餅業界も一緒だ。お客様の趣味嗜好の変化、風習の簡素化・略式化、他文化との融合など要因は数多くあり、変化のスピードはすさまじい。クールジャパンで日本の文化を世界に発信しようといっても、その恩恵にあずかれるのはかぎられたごく一部の分野でしかない。ましてや私のような小さい家族経営の会社はその逆風に太刀打ちできるほどの体力がないことも多い。

そのような中で、「人形の石川」さんのように志が高い者同士が集まり協力し合って頑張ろうとしている姿を見ると、業界は違えど心から応援したくなるし、我々も負けていられないというモチベーション向上の原動力となる!

先日、ある書店に行った際にこのような伝統文化の多様化の事例を目にした。

漆器で有名な山中塗とスケートボードのコラボレーションだ。正直、あまり安易な伝統文化、伝統芸術のコラボは好きではないのだが、この発想には「なるほど!!」と感心してしまった。みな打開策を模索して頑張っているのだ。

「伝統文化を守る」ということは、決して古いやり方を踏襲していく事だけではない。本質を見極め幹がぶれないように、しかしたえず時代のニーズに合わせながら変化していくこと。そして「次世代に伝わり、つなげる」ことが伝統文化を守るということなのだと思う。

このような素晴らしい刺激を与えてくださった「人形の石川」の石川様には心から感謝します。そして、起縁プロジェクト頑張ってください!!!

 

手焼き煎餅(せんべい)神田淡平 6代目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です